Voice & MessageDigitalBCGで働くということ

  1. トップページ
  2. 採用情報
  3. DigitalBCGで働くということ
  4. 2021.10.22 TECH PLAY Magazine掲載 BCGが琉球大学医学部と挑んだ、100万人規模のデータと機械学習・AIによるパーソナライズドヘルスケアとエコシステムとは?

2021.10.22 TECH PLAY Magazine掲載 BCGが琉球大学医学部と挑んだ、100万人規模のデータと機械学習・AIによるパーソナライズドヘルスケアとエコシステムとは?

Event

2021.10.22

このインタビューを受けた人

ド・ロービエ ロマン BCG GAMMA Managing Director & Partner

BCG GAMMA アジア・パシフィック地区リーダー
DigitalBCG Japanリーダー
米国で投資銀行での勤務を経て、現在に至る。
2006年にBCG入社以来、産業財を中心に、戦略立案・グローバル アドバンテージのプロジェクトに携わる。
現在は業界や地域を問わず、複数のデータドリブン トランスフォーメーションを手がけ、東京大学を始めとするAIやデータ アナリティクスの学術機関との幅広いネットワークを持つ。
また、BCGのデジタル戦略トピックに関するイニシアチブをグローバルレベルでリードしている。

新しいテクノロジーとサイエンス フィクションを現実のものとすることに情熱を注いでいる。

DigitalBCG・琉球大学医学部先端医学研究センターによる合同セミナーを開催いたしました。(2021年9月8日) 

100万人の医療データを機械学習で解析した事例のご紹介や、リアルワールドデータの整形、活用や、機会学習による予防医療への焦点、医療AIを推進する上での沖縄の特性などについてお話をいたしました。

また、「産学ベンチャー×コンサルが挑む!」と題し、琉球大学、Beyond Next Ventures、株式会社ブルーブックス、株式会社Laboro.AI、DigitalBCGによるパネルディスカッションを行い、今後のヘルスケアデータによる新たなソリューション、活用方法や、マネタイズなど、将来像についても議論が広がりました。

セミナー記事にはイベント中にお答えきれなかったQ&Aも掲載しております。

 

セミナー記事はこちらから